老いと若さとホウレンソウ

干し柿

亀の甲より年の功?


昔、大人の言うことはイチイチ煩いなんて思ってたこともありました…が。
大人になった今、「今時の若いもんは」と思うことばかり。
息子も二十歳になって…そんな若いもん、になって欲しくないな~と思う日々です。

亀の甲より年の功…確かに言えることは多いですが
このIT時代。なかなかそれも難しいようです。
IT機器には年の功が通用しないことも多くて…かと言って怒るワケにもいかないので
教えて笑顔でスルーが多くなりました。
でも、「今時の若いもん」は違う意味でスルー。
ホントに「スルー」…つまり無視それをフォローする私。
年下の上司はというと、コドモのように気に入らない人は無視。大人のイジメもタチが悪い。
まぁ、「若いもん」とひとくくりにはしたくないので「今時のウチの若いもん」と言うべきでしょうか。

そして「今時のウチの若いもん」には、ホウレンソウが通用しないようで…
ホウ=放置
レン=連携不足
ソウ=想像力
これらのホウレンソウに胃が痛い日々です。

なんで、「報告」出来ないんでしょうね。
電話を代わりに受けたなら「〇〇さんからでした」と伝えるのが普通なのでは?
なんで、「連絡」出来ないんでしょうね。
「書いてあるんだから言わなくてもわかるでしょ」と言われても、書いてあることを伝えてくれなければわからないのでは?
なんで、「相談」しないんでしょうね。
「〇〇だと思ったので」って勝手に判断してどーすんの?

オバサンの私がおかしいのかな?
色あせた干し柿みたいに言われても…確かに二十歳の子供がいるオバサンですけどね。
しわくちゃで悪かったわね…誰のせいで病気したと思ってんのよ…

息子もこんな風になっているんだろうか、とちょっと不安になったりもする母なのでした。


関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する