Camera Lesson 2 ~撮るにも色々ピント合わせ~

フォトレッスン 

カメラで撮る場合、ISOやらWBも大事だけど、もう一つ大事なのがピント。

PowerShot SX110 ISを買った時もそうだったけど、K-xを買った時も店員さんがオススメしたのがピントの合うスピードと、ピント合わせ位置(測距点)の数。

K-xはオートで11点ってのがウリ。(初心者だからそうアピールしたんだろうけどさ) ただし、ライブビュー(液晶画面で撮る場合)だとピントが合うまでかなり迷う

被写体が中央になくても5または11点の測距点から自動的にファインダー内の最適な場所(なんでわかるんだ?)にピントを合わせてくれるとゆーもの。

よくよく考えれば、カメラが私が合わせたいところを理解してくれるなんておかしな話。(って言ったら終わりか?・苦笑)

上の写真がいい例。合わせたいのはどこだったっけ?の写真になってしまったオートで撮ったもの。

で、今回のレッスンで一つ謎が解決♪オートじゃなくて一点にあわせるスポットにすれば良いのだそう。

なぁ~んだ、スポットでよかったのかぁ。オートのほうが万能なんだと思ってた。スポットにしちゃイケないのかと

ちなみにK-xの場合、AFフレーム内の11点から合わせたい場所を予め選ぶことも出来るから、それを使ったほうがちゃんと合うらしい。そりゃぁオートにしてればねぇ・・・当たり前だけど…どーりでフォーカスロックがきかないわけだ。(帰宅してよく読んでみれば、フォーカスロックにするにはAFシングルモードにする必要があることが判明)

やっぱ説明書は読まなきゃだめねぇ。

「説明書は読むべし」「ピントはカメラ任せにすることなかれ」

フォトレッスン 

とゆーわけで、ちゃんと真ん中にピントが合いました

 

フォトレッスン 

これも、合わせたかった右上にちゃんとピントが合った♪

 

 



関連記事


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

tag : PENTAX K-x

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する