古きよきもの

下駄 

いただきモノの下駄
鼻緒をすげ替えました
当たり前のように下駄を履いていた時代は
今より時間の流れってゆっくりだったはず・・・



浴衣で

関東、関西など南のほうに比べたら涼しいハズの東北ですが、私は暑がり…本来はまだ単衣の時期ですが、着物なんて暑くてきてられない~と浴衣を出しました。
日中はこれでちょうどいい感じ。汚れても惜しくない浴衣でベランダガーデニングです(笑)

いただいた下駄はもう鼻緒が古くなっていたので、とりかえて、新しい鼻緒をすげかえてもらいました。
浴衣のシーズンになると出回る既製品の下駄では出来ないワザですね。
すげ替えてすぐ履いても痛くならず、職人技に感動しました。
履きやすく軽い下駄は浴衣にも普段の散歩にもちょうどよさげな感じです。

お店の方の話では、台さえしっかりしていればまだまだ履けるとのこと。
着せ替えじゃないけれど、鼻緒をかえて気分もかえて長く楽しめるものですね。
そして、ピッタリサイズではなく、かかとから足がはみ出すように履くのも下駄。
下駄の後ろ先がちょうどかかとにあたるのですが、このあたりに胃腸のツボもあるようです。
平たい足の私にとって、縦にも横にもはみ出して履ける下駄は、健康にもよくて履きやすい必須アイテムとなりつつあります。
ヒールで疲れた足に心地よい下駄。
古き時代から…これもまた日本人の自慢できる宝ですよね。

下駄の記事はこちら→着物deカメラ「伊達な下駄」


関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント

No title

グリーンさん
私もソレ観てます^^
観ると欲しくなっちゃうんだけど(笑)
でも、今は作り帯のちゃんとしたのも出てるし、着物より簡単ですよ~大丈夫( ^ー゜)b

下駄は歯がしっかりしてれば、鼻緒をかえて長く履けるものだそーです。
家を探したら祖母や叔母のも出てきたので、鼻緒かえれば下駄が5つになりそうです。

そして…部屋でも下駄はいてる私です<( ̄∇ ̄)ゞ
机周辺はカーペットしいてるので、まだおろしてない下駄はいてPCに向かってます。
ちゃんと鼻緒をすげてもらった下駄って気持ちいいんですよ~^^

すげ替える

鼻緒を替える事を「すげ替える」と言うのですね。
はじめて聞きました。勉強になるわ~
昨日 たまたまNHKのBSだったかな??女優さんが京都で プロの着物コーディネーターの方と一緒に 自分のゆかたを選ぶ・・・という番組を見ていて とっても楽しいな~と思いました。
私はふくよかさん(笑)なので 私みたいなタイプは中ぐらいの柄が上から下まで連続しているものが
体型をカバーしてくれると知って 着てみたくなったの。でも着つけが出来ない(汗)ダメだこりゃ・・です。
日本の夏ってよいですね~~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する