1年と2ヶ月

ライト 

震災から1年と2ヶ月がたちました

あの日から毎日持ち続けている懐中電灯
これは手のひらサイズの小さいもの
どこに行くにも必ずバッグに入れていきます


何げなくつけたTV…震災の特集でした。
特集というか、普通の番組になりつつある震災の話題。被災地にいるからなのか、それとも他の地域でも同様なのか私にはわかりません。必ず1つは震災い関連、ニュースにしても番組にしても…それが当たり前になっている感じです。
最初の頃はよく見ていたけれど、最近はちょっと辛くてみてませんでした。
ウチは何も(まったくではないけれど)なかったから、同じ被災地にいてもっと辛い人の気持ちはわからないかもしれないから。
たまたまみた番組は、名取の閖上中の一年を追った番組でした。
閖中は同僚の母校です。
だからちょっと身近に感じて、消すに消せずそのままみてました。
息子と変わらない年頃の子供たちが数名犠牲になっていました。
番組の中では、たくさんの想いと、ジレンマとギャップ、たくさんの想いが渦巻いてました。

子供を失った親の想い、友人を亡くした子供たちの想い…さらに1年、2年、10年たった頃、みんなどんな風に過ごし、感じるんでしょうね。

そういえば、番組の中で普段私が思っていることと重なる出来事がありました。
中学校には小さな祭壇があり、亡くなった子供たちを偲ぶ想いがそこにありました。
そこへやってきた観光バスが一台。
観光バスで被災地をめぐるツアーがあるのは知ってましたが、まさかそんなところまでツアーでまわっているとは知りませんでした。そのツアー客は祭壇に手をあわせ、ここで亡くなった子供たちがいることをガイド(?)の人から説明を受けたり写真を撮ったりしていました。その光景に違和感を覚えたのですが…。
ちょうど、亡くなった子供たちの親御さんたちがすぐそばを掃除していたところで、一人の方が怒り出したんです。
なぜか…。
そのツアー客がその中学の敷地内なのか道でなのか、立ちションをしたというのです。
常識的に考えて、その行為自体があり得ないことでしょう。
さらに場所を考えたら絶対にありえないこと…ここで亡くなった子供達がいるのに。
「興味本位なら来ないで、ここではたくさんの人が亡くなってるの!」とその親御さんは泣きながら訴えていました。

興味本位…なんだろうなって思える人がどれだけいることか。
本当に被災地を思ってきてくれる人はどれだけいるんだろう、と普段から私も考えていることです。
確かに、観光に来てもらってお金をおとしてもらうことが、被災地の経済の活性化にもつながるんだろうけど…。
だからといって被災地を思う人だけ来てくださいってワケにもいかない。
痛みを受けたことのある人でなければ痛みはわからないかもしれない。

人の気持ち、想い、思惑、なんて難しいんだろうと思ったある日の午後でした。。。

関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント

No title

グリーン*さん
現実なんですよね、これが…。
同じ土地にいても感じるコトなので、広い日本、いろんな人がいて当たり前だし、現実だし、政治家にしてもなんにしてもいろんな思惑で動いてる。
それが人間ですよね。
「忘れないで」は何を指すんだろうなって思うことがあります。

炊き出しはホント日本の各地から来てくださってたんですよね。
きっとそのラーメン屋さんも来てくださったんでしょうね。その気持ちが嬉しいですね。

温度差といえば…ちょっと違うかな~と思ったのが先日行った大阪での出来事。
着物関係のお店だったんですが、私が被災地から来たと知った途端「ウチんとこ振袖持って行ってな、成人式のな~」とパンフレット見せられたんです。
被災地の着物だけでなく家なども失って成人式を諦めていた人に振袖で成人式を!とボランティアで来てくださった話だったのですが…。
パンフ渡されて、「この店で買うたってみんなに話してやってや!(^○^)(>▽<)」…って言われた時、なんか「アレ??」って思ったんです。
これって店の宣伝に使われてるのか~って。
実際、その被災地は私の住んでいるところよりずっと遠いところで、私のところとは比べ物にならない被害を受けたところでした。
えーと、つまり私に宣伝しろとゆーことかしら???と思ってしまったのですね、そのイキオイに。

いろんな人の思惑があって当然とはいえ、なんか違うなーと思った出来事でしたi-229

No title

立ちションですか!!
あまりの配慮のなさに 情けなくなりますが
これが今の日本ですよ。
みんながみんなではないけれど。

琴線に触れないように接することもよくないと思う。でも想像力(たとえ想像以上の計り知れない所にあったとしても)イコール思いやり。この基本的な事さえ 分かっていない段階にまで 落ちてしまってはいけない!!自分にも言い聞かせました。
去年 川崎から福岡に転居した時に 少し温度差を感じました。東北の方々が感じる温度差というのは 私以上なんだろうと思うし 私の震災についての見方感じ方にも 東北の方々からみると 温度差があるんだろうな・・・。

昨日 ラーメンを食べに行ったのです。
きっとその店主さんは 東北に炊き出しに行かれたのかな??さりげなく被災地の写真が店内に三枚貼ってありました。忘れてはいけない!!という思いなのでしょうね。


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する