たくさんの「ありがとう」

最後の信号 

あの日からずっと消えていた信号
最後のひとつがやっとつきました



2011年がもうすぐ終わろうとしています。
写真は10日ほど前のもの。私が通勤で通ることの多いある道の信号です。
津波の被害にあい、ずっと消えたままでした。
このままなのだろうか、と何度も見上げ、いつしか信号が取り外され、支柱だけになり、…そして真新しい信号が取り付けられました。

今年は今まで生きてきた中で、最も最悪で、そして人のあたたかさとありがたさを最も感じた年でもありました。
元旦から身内に不幸があった我が家…今年はどんな年になるんだろうと不安を覚えました。
2月には祖母が突然倒れ、そして3月11日。。。
正直、揺れている最中は恐怖はなかったように思います。ただ茫然と、宮城県沖地震がきた…と思っていたような。

年末になり、一年を振り返る番組が増えてきました。
クリスマスに放送された半日に及ぶ報道特集。ご覧になられた方はいらっしゃいますか?
津波にのまれた私の街の映像もうつっていました。
こんな風にして、街が波にのまれていったのかと、いまさらながらに鳥肌が立ち、震えと涙が止まりませんでした。

この報道特集で見たのは、時系列で追ったたくさんの映像。あの時はリアルタイムで知ることができなかった多くの出来事を教えてくれました。私がずっと知りたかったことでした。
当事者であり、現場にいた私は自分のことしか知りません。
自分の街ですら、どんな状況だったのかわかりませんでした。ただ、津波だから絶対に下におりてはイケない。それだけを考え、息子に言い聞かせ、高台からおりることはしませんでした。
雪で見えなくなった街…今思うとなぜ、見晴らしのよいところへいって写真を撮らなかったのだろうと、多くの映像を目にする度に思います。そうすれば少しは記録を残せたかもしれないのに。
でもあの時は、カメラに入った電池も使えるから残しておかなくては、水が出るうちに汲んでおこう、近所の親戚の安否、そして祖母や近所のお年寄りの安全を…とそれだけ考えて(それでもパニックで)動いていたんでしょうね。
落ち着いていたように思っていたけど、やっぱりパニックでした。

夜、爆発する石油コンビナートを息子と見ながら、この世の終わりとはこんな風なんだろうか、なんて考えたり、灯りの消えた真っ暗な街を見ながら絶望を感じ…。
でも、なんだろう、不思議と「絶望」「落胆」の想いがあっても、「諦め」の気持ちはなかったんです。
「諦め」たら終わり、とよく言いますが…「諦め」てはいなかった。「落胆」してても「諦め」てはいなかった。
だって、私たちは生きていたし、不安だったけど、たくさんの人から声が届いていたから。

報道で見た当時のリアルタイムの映像。東京の都心で茫然と、津波が押し寄せる映像を見ている人たち。
必死に避難を呼びかけるアナウンサーの声…。
きっと見ていた人のほうが、何十倍もその時はつらかったでしょう。停電で見ることが出来なかった私たちよりもずっと。

十数年前、息子と二人で生きていくことを決めたあの時も最悪な年だな、と思ったけれど…今年ほど最悪な年はなかったように思います。きっとこれ以上最悪な年はもうないでしょうね。
あの日を境にいろいろなことが変わって、生活も厳しくなったけれど、やっぱり「諦め」はしていなから。
そして、たくさんの人が支えてくれていることがわかったから。
来年はきっともっといい年になると信じています。

あの日、たくさんの方が心配してくださいました。
会ったこともない、ただWeb上でのおつきあいだった方々、何年も会ってなかった友人、海外にいる友人たち、いつも支えてくれている友人…感謝してもしきれない、ただ「ありがとう」しか言えません。
みんなのコメントやメールにどれだけ励まされ慰められたか…。

本当にありがとう。

なんだか支離滅裂な文章になっちゃいました。長くなるのでこのへんで(笑)
お礼の言葉で、今年の更新を終えたいと思います。

みなさん、今年は本当にありがとうございました。
また、来年、お会いしましょう。

よいお年をお迎えください。

じゅり



関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント

No title

グリーンさん
コメントありがとうございます。
こちらは、過ごしやすいお正月になっています。
去年より暖かい気がします。なんて、今夜は強風が吹き荒れていますがf(^^;)

今でも津波警報のサイレンの音が鳴り響く映像を見ると震えがきます。
何度聞いても嫌なものです。
昨日は神社にお参りに行った帰り道、ふと揺れを感じ上を見ると信号がグワングワンと揺れていました。震度4だったかしら。
久々でしたが、もともと地震の多い宮城なのでこの程度では驚かなくなっています。
いいのか、悪いのか(苦笑)
気をゆるめることなく、今年も過ごしたいです。
みなさんとのつながりも大切に…今年はきっと素晴らしい一年になることを願って。
今年もよろしくお願いいたします。

こんにちわ@夫の実家 静岡 富士宮

新しい年がやってきましたね。
晴天続きの富士宮ですが そちらのお天気はいかがですか?
Juli*さんの 飾らない素直な文章に胸がジーンとしました。
時系列の震災報道 バタバタしていたので全部ではないけれど少し見ましたよ。何度見ても怖いし 人の姿がみえたら 思わず「早く早く」って声が出てしまう・・その後 その方はどうされたのだろうといたたまれなくなる・・・
私が見たのは 電車の車掌さんと乗客のみなさんの
震災当日の再現映像と実映像です。お子さんが乗っているだろうと びしょぬれになりながら電車に探しにこられたお母さんと男の子が抱き合った場面 その後体育館に避難するも津波が来て 危機一髪難をがれたこと・・・・。皇居での天皇陛下や皇后様のご様子。・・・
忘れてはいけない 考えなければならないことが沢山沢山ありましたね。
ここ富士宮も十五日に震度六強の地震で被害を受けました。リビングには無料で配られた防災無線がおいてあります。これから起こるかもしれない災害への備えです。我が家もしっかり見直さなくてはいけないねと夫と話した所です。
色んな場所で未来に向けての動きが 色んなスピードで進んでいます。お互い時間と出会いを大切にすごせたら良いですね。
何が言いたいのか判らなくなってきました。笑
今年もよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する