スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

2ヶ月が過ぎました

ろうそくを灯して

あの悪夢の一日から2ヶ月がたちました
もう2ヶ月のようで、まだ2ヶ月
毎日、毎日、あの日を思いださない日はありません



2ヶ月、と一言で言ってしまうと、とても長いような気がしますが、私は何ヶ月もたったような気がしています。

震災から1ヶ月は本当に何をどうやって過ごしていたのか…ブログに書きとめているからこそ思い出せる、そんな日々でした。

朝起きて、太陽と共に活動を開始、日が暮れる前に夕飯の支度。窓辺に近いところにストーブを持っていって、夕暮れの光の中で作りました。太陽の光のありがたさ、晴れた日の喜びと安心を実感しました。

夜が来るのが怖くて…津波被害にあった地域が真っ暗で、不気味というより哀しくて。2度とあんな光景は見たくないと思う毎日でした。

1週間でついた電気、水が出るまでさらに1週間。そして、ふりだしに戻った余震。結局ガスが出るまで1ヶ月。

私にとって最初の1ヶ月は時間が止まっている感じです。

2ヶ月が過ぎて、改めて思うのは、あの日自分は想定していたように動けなかったコト。
誰もがそうかもしれませんが、全てが想定を超えたものでした。
宮城はずっと地震が来るからと避難訓練をしていました。
我が家はみんな自宅にいたので、学校や職場で訓練してきたことは実践できませんでした。
歩いて帰る可能性を考えて職場のロッカーに置いていたスニーカーも使うことなく終わりました。
でも、改めて我が家では非常時についてちゃんと話してなかったことが判明しました。
だいたい、アバウトに、話してたんですね。
今では地震が来たら、連絡の有無は別としてとにかく自宅を目指す。
目指す時は高台を目指しつつ、どんなに遠回りでも今回津波をかぶった地域は避けるコト。
学校にいるのならその場で待機。

そして一番役に立たなかったモノ。
それは「非常持ち出し袋」
地震の揺れの中、あんなもの取り出せるわけもなく…持ち出し袋に入っているものは、役に立たなかったコトが判明。結局、中身を全部出して、通帳やら貴重品の入れ替え作業。結局持ち出したいものって違うんですよね。
長い目でみれば、化粧品や食糧など確かに必要かもしれないけど、最悪2日~1週間もすれば救助は来るし、今回の大震災のように津波で壊滅的被害があろうとも、東北の太平洋側が壊滅状態であろうとも、1週間もすればなんとか助けがくることがわかったから…。
昔と違って、輸送にしても手配にしても世の中が進んでいるんですよね。
これ以上の災害(例えば日本全部)でも起きない限り、なんとかなるんじゃないかと思えるようになってしまいました。これももしかしたら油断なのかもしれないけど…。

それから、知識。
津波について…知っているようで知らなかったコト。
チリの時は来なかった。このセリフを何度聞いたことでしょう。
そのために命を落とした方がどれだけいたのか…。
私も甘くみていた一人。
津波警報が発令されたとして、皆さんはどこまで逃げればいいと思いますか?
海岸に近付かないでください、と言われたらどこまで離れますか?
岸壁に近付かない=1メートル?10メートル?100メートル?1キロ?
私はせいぜい10メートルくらいに思っていたように思います。
「大津波警報」が発令されたとしても5~6メートル程度を想像していました。
でも、実際はそうではなくて、内陸の何キロも先まで津波は到達していました。
もし私が海岸線の平地に住んでいたら…考えるだけで恐ろしいです。

そして津波の速さ。
これは身をもって体感しました。
あんなに早いなんて…。次の日のもう低い高さの津波であれ、バケツの水を道路にまく位の速さでした。
津波は水に先行されたら終わりなんだそうです。
チョロチョロの水が自分より先に行ったら、その数秒後には濁流が押し寄せるのだそうです。
ビルですら傾く勢いの水、家ですら流してしまう勢いの水…自然の力のものすごさを改めて思う日々です。

どんなに小さな地震でも、揺れるとドキドキして、足が震えます。
速報の音を聞いただけで震えがとまりません。
3.11の直後はなかったのに…余震が起きてからずっとです。
毎日のように寝ていても揺れるたびに目が覚めます。たとえ1でも2でも…地鳴りがすることもあるので。

3ヶ月後にまた大きな揺れがくると言う人もいますね。
いつになったら落ち着くのか。

地震も原発も、全ての人が早く安心して暮らせる日がくるように、祈る毎日です。


関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント

No title

グリーンさん ありがとうございます。
なんだかコメント反映されてなかったみたいですね。不思議…。
新着メッセージは来てたんですけどね(汗)
被災地の情報は地元にいても少なくなってきているのを感じます。
TVもいつの間にかNHK以外は震災バージョンじゃなくなってました。
情報が流れているのはもうNHKだけみたいです。ゲストルームがあるんですか?素敵♪♪♪
そろそろ旅行に行きたくなってます(笑)

kaoriちゃん
ストレス、だいぶ解消されてますよ^^
今は完全にストレス解消&現実逃避で縫物なんかやってるでしょ?(笑)
まるでテスト前の机の大掃除みたいな?i-201
カメラも出したし、そろそろ着物を着たいけど、ウチの地区でそれやったら冷たい目で見られそう。
お祭だったら許されるかな。
お祭おいで~(無謀)

No title

uheさんは現地の人より遠くで見てるしかない人に
逆に震災のストレスがあるんじゃないかって心配してくれたけど
やっぱり、現地の方のが何倍も何倍も心労があると思うよ…
私が今出来るのは、ちょっとでも楽しんでもらうこと!!
そう思って日々活動しています
また楽しい物資を贈るから待っててねe-420

二度

コメントを記入したんだけど 一部エラーが発生とているとかで・・。もし複数のコメントが残っていたらお手数をおかけしますが消してくださいね。
あらためて 被災地の皆様に 心中よりお見舞いを申し上げます。
昨日も地元のテレビ局が被災地レポートをしてくれていたのですが 物資は届いていても 皆様の所までのワンマイルが整備されていなくて 避難所の格差がおきたり ご自宅にいらっしゃる方が取り残されていたりと まだまだまだまだ沢山の問題と 辛い非日常を生きていなければならない方々が大勢いらっしゃると知りました。
Juli*さん 走り続けられる人は誰もいないのだから 少しゆっくりされてくださいね。
遠すぎるけど 借り上げ社宅のマンションには
ゲストルームあります。気分転換に
いかがですか??いつでも大歓迎ですよ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。