大震災から2週間

石油コンビナート火災

石油コンビナートの火災 震災当日2011.3.11 夜

あの恐ろしい日から2週間が過ぎました。
写真は、あの震災の日の夜、自宅近くから見えた石油コンビナート火災です。
ちょうど親戚の家に行っていた時、爆音とともに空振(くうしん)でしょうか…ビリビリと空気が揺れ
振り向くと、真っ暗闇の向こうに不気味な赤い炎とキノコ雲が見えました。
かなり距離があるはずなのに…。
一晩中、ドンドンとまるで花火のような音が響き、自宅の壁には赤い炎の光がうつっていました。




2週間とは思えない、長くそして短い2週間でした。
復興をめざし、あちこちで動き出している中、まだ安否のわからない方々。
そしてたくさんの犠牲者の方々。

今朝、自宅の上を低空で飛んでいくヘリコプターの音がいつもより多く聞こえました。
救援物資が多く届きだし、交通も道路が片づけられて陸路での輸送が増えるに従って空輸するヘリや小型飛行機の姿は徐々に減っていました。なので、どうして今日は?と外に出てみあげていました。
さっき地元の新聞を見て、涙がこぼれました。
私が見たのと同じ海上自衛隊のヘリコプターの写真が大きく載っていたのです。
それは、海上で発見された犠牲者の方を運ぶヘリコプターでした。
私が見上げたヘリコプターもおそらく利府にあるグランディの安置所へ運んでいたのでしょう。
目を閉じれば今までと何も変わらないのに、目を開ければ変わり果てた被災地の現実があります。

今の私は、連日、地震の際に散らかったものを片付けながら、息子や私の部屋を受験モードから高校モードへ模様替えしています。 受験中は、気になる本やゲームなど一切を片付けていたので、それらを出し、頑張ってくれた参考書や問題集を片付け、震災被害にあった後輩達へ譲れる教科書などをまとめ…少しずつ高校生活へ準備しています。
そして、震災後初めて、あの日に撮った卒業式の写真もパソコンに取り込みました。
時間を見てびっくり。
ちょうど地震が起きる1時間前の13時46分前後に撮っていました。
まさか一時間後にあんなことが起こるなんて…想像も出来なかったことです。
大地震の一時間前

私は大きなことは何も出来ないけれど、少しずつ何かを見つけていけたらいいなと思います。
そのためにはまず自分がしっかりしなくては。
来週からは仕事にも出ようと思っています。

それから、大阪のGlass Craft 六根を通じてたくさんの関係者の方が心配してくださいました。
昨年の仙台でのクラフトフェアでたった2日だけお会いしたこっそり工房さんもそのおひとりで、こっそりさんの呼びかけで、遠い北海道の地でチャリティーセールが行われていることを知りました。
詳しくはGlass Craft 六根の記事をごらんください。チャリティーセールのお知らせ
たくさんの方と「繋がっている」と心があたたかく、そして元気をもらいました。

ありがとうございます。私も頑張ります!

頑張ろう宮城 頑張ろう東北 頑張ろう日本!

追伸 ~メールや電話をくださった皆様へ~
たくさんの友人達からメールやコメントもいただきました。
海外からのメールにもお返事がなかなか出来なくて…さっきやっとDavidにお返事しました。
なかなか個別にお返事が出来なくてごめんなさい。
無事です、と一言メールしたままになっている友人も多いかと思います。
落ち着いたらゆっくりメールするので、待っていてください。
私は無事で元気です^^

Dear My Friends,
Thank you for your e-mail and thinking of us.
We are all safe. But electricity is in short supply, so it has been difficult to contact you till today.
The earthquake and tsunami were so terrible that I can't describe it well enough with my English.
Thank you again for thinking of us. Please kindly pray for us!
関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント

No title

●かぴさん
 ホント余震多いです。
 でも、だんだんなれてきちゃいました。
 さすがに寝てる時は…ってあれ?また揺れてる(苦笑)
 いつまで続くんでしょうね。
●かのんさん
 お師匠様、大変だったみたいですね。
 友人もマンションの人はほんと大変だったみたいです。
 やっぱり一軒家のほうが揺れないんでしょうか。
 今日ニュースを見てたら津波じゃなくても大変な地域もあるようで
 折立のほうは地すべりがあって家が傾いたりして大変みたいですね。
 多賀城のあたりもかなりひどいようで未だにガスも水も電気もきてないところがあるとか。
 我が家もガスの見通しがたたないそうです、津波被害地域と隣接しているので
 早く落ち着いてほしいですね・・・

No title

ホント長いような短いような2週間。
皆それぞれに色々感じ、考えてきたのでしょうね。
まだまだ落ち着かないですが・・

我が家は南インターからそう遠くないこともあるのでしょう。
インターから降りてきたであろう自衛隊などの派遣部隊を多く見かけました。
そして電気が復旧していなかった頃は中部電力の車も。
遠くから色んな方が支援してくれている。
その心がホントにありがたかったです。

今もまだ。
避難所で生活している方をはじめ安否確認が出来ていない方がいますよね。
一人でも多くの方が。
早くご無事で、家族と再会できることを願わずにはいられませんね・・

まだ小さな余震が何度もあるようですね…。怪我には気をつけて、片付け頑張ってください!
地震や津波で街の風景は一瞬で変わってしまいましたが、人の力でまた必ず復興できると思うので、あまり落ち込まないでくださいね。世界中の人が協力、応援していますしね♪
息子くんは、高校入学前とは思えないほどとてもたくましく見えます!これからの成長が期待できますね。それと、合格されたみたいでよかったです!!おめでとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する