伏見

伏見
きっと今よりも みんな一生懸命 …自分の信じた何かの為に




…なぁんて書くと、また「歴女」なんて言われそうですが

「歴女」と言われましても、決してゲームキャラや今あちこちにいらっしゃる扮装されてる方々のファンではありませんので念の為

昔から歴史モノのドラマなんかは好きでしたけど(今もか)だからと言ってその特定のキャラにのめり込むワケではないので…今言われている「歴女」とはちょいと違うと自分では思ってるワタシです。

なんて言い訳から入りましたがっ。

本日の一枚は京都は伏見から。ちょうど大河ドラマの龍馬伝が「寺田屋」を終えたところなので、これにしてみました。(今日、録画してたのを見たので)
…肝心の寺田屋には行ってないので写真はないんですケドね
史実とはちょっと違う(そこはドラマだし)龍馬伝もいよいよ最終章突入のようですね。
いいキャラしてる池さんも次回で撤収、気がつけば息子が好きなナイスキャラの三吉さんもいないし、お龍と今頃結婚!?…ってなんで!?となんちゃって歴女はここで調べるワケです。
学生時代ちゃんと勉強していればわかったことなんでしょうケド(そこまで学校はやらないか)。
とりあえず気になったコトは調べる、それがワタシの歴女です。
史実と違うので、ややこしいのが面倒なとこですが、調べてみるのもまた面白いものです

前の篤姫ではわりと人柄がよさげだったお龍ですが、今回はキツめに描かれてる感じですよね。
実際はどーだったのか…あんまり好かれた人じゃなかったみたいですね、お龍さん。
龍馬さんはホレてたんでしょーけど。
まぁ、某局で昨年末にやったドラマの龍馬さんと、今の大河の龍馬さんだってエラいキャラ違いますしね(笑)
ドラマなんてそんなもんでしょう。私は某局の龍馬さんのほうが気に入ってます

で、今日は来週で見おさめの池さんを調査中。
…「ぶっはっは~」と笑う池さんを演じる桐谷クンのイメージが強すぎですが、26歳で死んでしまったホントの「池 内蔵太」ってどんな人だったのかなぁ、と思いつつ調べながらブログ書いてますw

役をやる人ってすごいなぁ思いますが、大変でしょーね。
なりきるってのもスゴイことなんでしょーけど…。
いまだに今回の龍馬伝では近藤勇を演じてる原田さん…ワタシには篤姫の時の正助どん(大久保利通)に見えてなりません。。。インパクト強すぎってか近藤さんはやっぱ慎吾ちゃんでしょう(笑)

…なんかどーでもいい話になっちゃった。
歴史は奥が深い、と思った一日…今日は歴史話でした~。

…しかし、どんどん死んでくなぁ~新選組でも思ったケド…ホント幕末って登場人物も多いけど、死んだ人も多すぎ…歴史は重い



関連記事

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する