スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

風見鶏の館…その2

風見鶏の館


昨日に続いて「風見鶏の館」第二弾です^^
あまりの雨で傘をたたむのですら苦労しつつ、中に入るとそこは別世界。写真撮るには最高の場所でした。
ホント、晴れてたらもっとよかったのにぃ。


風見鶏の館 応接間


この風見鶏の館は、明治42年頃にドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として建てられたものだそうです。
明治42年とゆーともう明治も終わりの頃。日露戦争も終わってるし…歴史的にはわりと近い過去ってことになるのかな。確か伊藤博文が暗殺されたのって42年だったよーな?


風見鶏の館 リビング奥


ここは城館風の高い天井やアール・ヌーボー風の装飾が施されているのだそう。なんかヨーロッパのお城って感じ♪
1階に玄関ホール・応接間・居間・食堂・書斎。
2階に夫婦の寝室・子供部屋・客用寝室・朝食の間など。
↓は応接間。


風見鶏の館 応接間


半端な写真ぽいのは・・・案内板や説明文のプレートをよけた結果です
それにしても豪華なお部屋。 部屋によって家具や壁紙も違うし、おシャレ~なものばかり。
こんなお部屋に出来たらいいのに…って絶対ワタシには似合わない…




関連記事


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ にほんブログ村 写真ブログへ  ランキング参加中。ポチっ☆とお願い致します♪
にほんブログ村

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。